節約・貯金

生命保険料控除の節税効果で、利回り10%超の運用を実現した方法!

だれでも失敗しない運用方法

こんにちは、公務員の猫村です(ΦωΦ) [Twitter:@612shin745]

お金に縛られず、自由に好きなことをできる生活にあこがれますよね?

一般的に、経済的ゆとりを作るためには、

  1. 収入を増やす
  2. 節約・節税して支出を減らす
  3. 投資する

 

のいずれかを実践し、自由に使えるお金を増やす必要があります。

しかし、残業は制限され、昇給も見込めず、節約しても大した金額を貯めることはできない。

投資は、だれでもお金を増やせるわけでなく、お金を失うリスクもあります。

実は、この記事で紹介する「生命保険料控除の節税効果による運用方法」を実践すると、だれでも、失敗することなくお金を簡単に増やせますよ。

なぜなら、猫村は、この運用方法を実践して、リスクなしで利回り10%超の運用を実践できたからです。

この記事では、利回り10%超を実現できる運用方法と手順、運用方法をおススメできる人を紹介します。

記事を読んでもらうことで、失敗することなく、リスクゼロでお金を増やすことができるようになります!

利回り10%超で運用する方法は、明治安田生命「じぶんの積立」を契約し、生命保険料控除を申告すること

利回り10%超の運用方法はいたって簡単。

生命保険契約の保険料を年末調整や確定申告で申告することで、所得税の還付や住民税の減額を受けるというものです。

生命保険料控除の節税効果により、保険料を高い利回りで運用した場合と同等の効果が得られます。

この運用方法を実践するときの一番のポイントは、明治安田生命の「じぶんの積立」という保険商品を選択することです。

「じぶんの積立」の特徴は、いつ解約しても元本保証

多くの保険は、掛金が掛け捨てであったり、満期前に解約すると元本割れしてしまいます。

お金を運用する商品としては、使い勝手が悪いものばかりです。

しかし、今回紹介する明治安田生命の「じぶんの積立」は、他の保険にはない特徴があります。

じぶんの積立

 

その特徴とは、いつ解約しても、保険料全額が元本保証されるというものです。

保険料がいつでも元本保証されるため、「じぶんの積立」を定期預金代わりに利用することができるわけです。

生命保険料控除の節税効果で運用したい場合には、「じぶんの積立」が唯一の選択肢となります。

生命保険料控除の節税効果は、利回り10%超に相当

生命保険料控除の節税効果は、1年間の保険料総額によって変動します。

毎月5,000円の保険料を支払った場合、所得税の税率が10%の人で年間6,300円の節税効果です。

これは利回り10%以上に相当します!

今のご時世、高金利の3か月定期でも金利0.5%です(汗)

生命保険料控除の節税効果は、その20倍以上の利回りを得ることが可能です。

あなたなら、定期預金とどちらを選びますか?

猫村なら、「じぶんの積立」で節税することを選びます。

生命保険料控除を活用しないと損しますよ。

【参考】所得税率10%の人と45%の人における節税効果

所得税の税率が10%の人と45%の人で、毎月5,000円の保険料を支払った場合、次表のとおり所得税・住民税の節税効果が得られます。

所得税率10% 所得税率45%
所得税 3,500 円 15,750 円
住民税 2,800 円 12,600 円
節税効果 6,300 円 28,350 円

 

最大で28,350円の節税効果になり、利回り45%以上に相当します。

元本保証され、さらに高い利回りが得られる金融商品は存在しません。

 

「じぶんの積立」による運用をおススメできる人とは?

明治安田生命「じぶんの積立」を使った運用方法は、税金の制度を利用して節税を期待するものです。

だれでも、失敗することなく利回り10%超を達成できます。

 

そして、「じぶんの積み立て」はいつでも元本保証。
リスクなしで、お金を貯められる安心感

 

1点だけ注意点として挙げられるのが、他の生命保険を契約し、生命保険料控除がすでに上限に達している場合には利用することができないことです。

現在、生命保険を契約していない人、または控除枠が余っている人が使える運用方法です。

 

また、「じぶんの積立」は、月々5,000円から積み立て可能です。
少額からムリなく積み立てを始めることができます。

飲み会や外食を1回程度減らすだけで、毎月の掛け金を用意できますね!

 

「じぶんの積立」による運用をおススメする人

  1. 失敗なし・リスクなしでお金を運用したい人
  2. 生命保険を契約していない人
  3. 少額から貯金を始めたい人

 

利回り10%超の運用方法は、簡単3ステップ!

1.保険料の金額を決める。

「じぶんの積立」は、毎月5,000円から最大20,000円まで積み立てることができます。

貯金に回せる余裕や生命保険の加入状況から、積立額を決めましょう。

後から契約口数をふやすこともできます。

積立金額が決まらない人は、ひとまず5,000円で始めてみましょう!

2.「じぶんの積立」を契約する。

まず、WEB又は電話から相談予約を行います。

「じぶんの積立」は、インターネットや郵送による手続きでは契約できません。

対面販売のみです。

対面販売は、①明治安田生命の店舗で契約する方法と②外交員が訪問して契約する方法から選ぶことができます。

猫村は、最寄りのカフェで外交員と面談して契約しました。
自宅や職場でなくても大丈夫です。

コーヒーをごちそうになりながら、落ち着いて契約することができましたよ♪
所要時間は30分ほどでした。

3.年末調整または確定申告で生命保険料を申告する。

無事に契約できると、毎年秋くらいに「生命保険料控除証明書」が保険会社から郵送されます。

この書類を添付して、勤務先で年末調整を行うか、確定申告を行うことで所得税と住民税の節税が行えます。

まとめ:「じぶんの積立」で、保険料の元本保証+生命保険料控除の節税効果=利回り10%超を達成できる!

紹介した運用方法は、いつ解約しても元本保証される「じぶんの積立」と生命保険料控除の制度を組み合わせて利回り10%超を実現するものです。

税金の制度を活用するものであり、だれでも失敗知らずの運用方法になります。

生命保険を契約していない人や生命保険控除の控除枠が残っている人は、ぜひ実践して、自由に使えるお金を増やしてみてください。