税金・社会保険

知らなきゃ損!社会保険料を安くするたった一つの方法

社会保険料を安くする一つの方法

こんにちは、公務員の猫村です(ΦωΦ) [twitter:@612shin745]

仕事は忙しいのに、昇給・昇給は全くない。

そのような厳しい状況でも、税金や社会保険料は否応なしに取られていきます。

理不尽ですよね。

 

税金や社会保険料は勝手に天引きされていくし、その金額を減らすことはできないと思い込んでいませんか??

実は、この記事で紹介する「社会保険料を安くするたった一つの方法」を実践すると、誰でも社会保険料を最大で5万円ほど安くできます。

 

この記事を読むことで、手元に残るお金が増えますので、今以上に趣味を楽しんだり、貯金や投資にお金を回すことができるようになります。

 

社会保険料は、標準報酬月額に応じて決められる

健康保険料は、標準報酬月額と呼ばれる社会保険算出の基準額に保険料率をかけて計算されます。

社会保険料 = 標準報酬月額 × 保険料率

 

保険料率は、都道府県ごとで決められていますが、給料の金額に関係なく一定の割合です。

つまり、保険料を少なくするためには、標準報酬月額を減らすことが必要ということです。

 

標準報酬月額は、毎年4月〜6月の給与の平均額で決まる

では、標準報酬月額を減らすにはどうすればよいのか、気になりますよね。

 

標準報酬月額は、4月・5月・6月の給与を平均して計算されます。この計算された標準報酬月額に保険料率をかけて、社会保険料が決定します。

 

誤解されがちですが、毎月の給料額に応じて、毎月、社会保険料が変動する訳ではありません。

決定した社会保険料は、その年の9月から翌年8月までの1年間適用されます

 

つまり、4月・5月・6月の給与額だけでも減らせれば、1年間の社会保険料を安くできるということです。

標準報酬月額の計算には、各種手当も含める

給与額は、固定給である人がほとんどですから、個人の裁量で減らせないのでは?と疑問に思うかも知れません。

実は、標準報酬月額の計算には、基本給に加えて、次の支払額も含めます。

  • 残業代・時間外手当
  • 家族手当・扶養手当
  • 住居手当
  • 社宅や寮の提供
  • 通勤費(現金支給、定期券の現物も含める。)

 

毎月固定的に支払われる各種手当等も、標準報酬月額の計算に含めているんです。

出張に関わる交通費や宿泊費、結婚祝い金や病気見舞金は標準報酬月額に含めません。また、解雇予告手当や退職手当ももちろん対象外です。

 

社会保険料を安くする方法は、3月〜5月に残業を減らすこと

以上のように、社会保険料は、毎年4月~6月の給与平均額から計算された「標準報酬月額」で決定します。

この標準報酬月額の計算には、基本給のほかに、残業代などの各種手当を含めます。

 

つまり、社会保険料を減らすためには、3月~5月の残業時間を減らして、4月~6月の給与額を減らすことが必要です。

 

もちろん、会社ごとで給料の締め日は異なりますので、残業を減らさないといけない時期は自分で調べてくださいね!

社会保険料が最大5万円安くなる

全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入している人の場合だと、標準報酬月額が1段階低くなることで、年間2万〜5万円程の社会保険料が安くなります。

 

まとめ:

社会保険料は、4月・5月・6月の給与額で計算され、その金額がその年の9月から1年間適用されます。

一度、社会保険料の金額が決定すれば、その後はたくさん残業代をもらっても、等級が変わることはなく、社会保険料も上がりません。

社会保険料を安くできれば、その分自由にできるお金が増えるということです。

社会保険料が決まる3カ月間は、残業時間をコントロールし、社会保険料が安くなるようにしていきましょう。

 

社会保険料の決まり方
  1. 社会保険料は、4月・5月・6月の給与額で決まる。
  2. 決定された保険料は、1年間同額が適用される。
  3. 社会保険料を減らすには、3月〜5月の残業代を減らすことが効果的