節約・貯金

【経験談】格安SIM・UQモバイルに乗り換えてどうだったか?1年以上使用した感想は?

UQ mobile

こんにちは、公務員の猫村([twitter:@612shin745])です(ΦωΦ)

皆さんはどこの携帯会社と契約していますか?ドコモ・au・ソフトバンクと答えたあなた、毎月の携帯料金が高すぎませんか?

そんな考えが猫村にもあり、通信費が抑えられる格安SIMに乗り換えようと考えたのが1年以上前でした。ただ、そこで心配だったのが、

安いには理由がある。大手に比べて品質・サービスが劣っているのでは?との思いから、中々決断することができませんでした。

そこで、今回は乗り換えを決意した経過や理由、乗り換え後1年以上経過した感想をお伝えします。

この記事を読んでわかること

・UQモバイルの良い点悪い点を知ることができます。

・自分に格安SIMが合っているかどうかが分かります。

UQモバイルを選んだ理由

サブブランドの格安SIMにしたかった

格安SIMにどんなイメージを持っていますか?猫村のイメージは、「料金は安いけど、ランチタイムや夕方の時間帯に通信速度が遅くなる。ストレスが溜まる。」というものです。

メインのau回線の他に、タブレット用に格安SIMカードを何枚か持っており、お昼や夕方、土日は十分な速度が出ないだけではなく、通信が不安定になることもあり、大変不満でした。

いろいろ格安SIMを探す中で、「料金も安く、通信速度が爆速である。」との多数のクチコミを知り、現在利用しているUQモバイルやワイモバイル等の大手キャリアのサブブランドに乗り換える検討を始めました。

ドコモ回線・ソフトバンク回線にしたくなかった

格安SIMの通信速度が安定しない理由に、料金を安くするために通信回線の強化に投資できないほかに、限られた回線で多数のユーザーが共同利用していることが挙げられます。

つまり、「同じ回線品質であれば、ユーザーの利用が少ない通信業者と契約したほうが通信速度が安定する」ということです。そこで、多数の業者に回線を貸し出しているドコモは選択肢に含めませんでした。それを裏付けるように、au回線のmineo(マイネオ)は、ドコモ回線のMVNOに比べ、通信が安定していました。

また、一時期、スマホの2台持ちでワイモバイルを契約している期間がありましたが、田舎に住んでいるためか、良好な通信環境がなかったという印象があり、候補から外しました。

その結果、UQモバイルに乗り換えることを前提として、更にリサーチを進めました。

Try UQを利用し、実際の通信速度に満足できた

やはり実際に商品を使ってみないと、本当の良し悪しなんて分かりませんよね(笑)

UQモバイルのいいところとして、乗換検討者の心配を払拭するため「Try UQ」という15日間無料でお試しサービスがあります。このサービスでは、SIMカードだけではなく、スマホと一緒にレンタルすることも可能です。

このサービスを利用して、auと変わらない通信速度を確認できたため、乗り換えを決意しました。

契約しているプランと月額料金

UQモバイルの主力のプランは「おしゃべりプラン・ぴったり」かと思いますが、猫村が契約しているのは「データ高速+音声通話プラン」になります。

UQモバイル料金プラン

(参照:その他の料金プラン

その理由は、

  1. 月額料金が安く、通信容量が3GBと多いため
  2. 電話をあまり利用しないため
  3. 最低利用期間が12か月と短かったため

 

になります。

理由①:「データ高速+音声通話プラン」は利用料金が1,680円/月額と大変安く、おしゃべりプランSと比較すると、毎月1,380円(※)も差が出ます。また、通信容量も3GBを使用することができ、おしゃべりプランSに比べて1GBも多く利用できます。

※おしゃべりプランSは、「スマトク割/長期利用割引」「イチキュッパ割」が適用されることで、1年間のみ1,000円引きされているため、本来2,980円の利用料金がかかります。

理由②:普段、LINE電話やDMMトークを利用することで電話代を気にする必要がないため、通話かけ放題サービスは必要ないと考えました。

理由③:他のプランだと最低利用期間が25か月になりますが、「データ高速+音声通話プラン」は12か月と通常の半分で済みます。日常利用で支障が出ても、すぐに大手キャリアに戻れるように保険をかけました。

乗換費用

UQモバイルへの乗り換えにかかった費用は、合計11,660円です。

その内訳が、

  • SIMパッケージ料金1,400円(税込)
  • 解約手数料10,260円(税抜)

 

になります。

SIMパッケージ料金は本来3,240円(税込)が必要ですが、契約時にエントリーコードを使用することで無料になります。その購入費が1,400円であったため、実質1,840円もお得に契約することができます。

エントリーコードは、Amazonや楽天、メルカリで購入できます。

更新期間以外で乗り換えした場合、どの通信会社でも解約手数料・違約金がかかります。しかし、乗り換えにより月4,800円程度を節約できるため、これらの費用は約2.5か月で取り戻すことができます。これ以降は、毎月4,800円が浮くわけですから、悩んでいる人は一刻も早く乗り換えることをオススメします。

通信品質

現在、UQモバイルはCMをバンバン投下し、利用者もうなぎのぼりですが、体感では通信速度に不満を感じたことはありません。

実際に、猫村の地域における現在の実測値を見せたいと思います。

左図がランチタイム(13時頃)、右図が夜(19時頃)に計測したものです。

UQmobile speed  UQmobile 通信速度

ランチタイム・夜ともに、ドコモLTEの34Mbps~36Mbps前後を上回る45Mbpsという高速な通信速度が出ていることがわかります。

欠点はあるか?

料金プランによっては、通話料金が高い。

猫村が契約した料金プランには、「通話し放題」プランがありません。従量制の料金体系が設定されており、30円/秒の通話料金が発生します。もちろん、他の料金プランでは「おしゃべりプラン(※1回5分以内の国内通話がかけ放題)」を選択することもできます。が普段から通話する人は、契約するプランに注意ください。

使用するスマホによっては、テザリングできないこともある。

現在、iPhone7のSIMフリー端末を使用していますが、乗り換えた当時は、テザリングの非対応になっていました。現在は、公式サイトを見る限り、iPhone全機種で利用できるようです。(参考:動作確認端末一覧

ただし、UQモバイル側が「すべて独自に調査した結果であり、その内容を保証・サポートするものではありません。また、記載されていない端末・OSバージョンに関しては、UQ mobileのSIMがご利用になれない可能性があります。」とのことです。

一方で、Wi-Fiを利用できる環境も増えていますので、テザリングを利用できないことで困る人は、一部かと思いますが、いざというときにテザリングが利用できないと困るという人は、使用する機種に気をつける必要があります。

まとめ

悩んだ末にUQモバイルに乗り換えましたが、料金・通信速度のどちらにも満足しており、後悔はありません。

悩んでいる人は、まずは「Try UQ」を試してみることをオススメします。